頚椎ヘルニアご支援サイト

漢方で頚椎ヘルニアを改善する事ができますか?またどうして効果があるのでしょうか。

漢方と頚椎ヘルニア

西洋医学では椎間板が衝撃を受けることで髄核が飛び出し神経を圧迫するため、しびれや痛みなど頚椎ヘルニアになると考えています。

でも、漢方などの東洋医学の場合、頚椎ヘルニアの原因は淤血が原因と考えます。

淤血というのは、血液がドロドロになり粘性が高くなっている状態を言います。

血液がドロドロになると新鮮な酸素も栄養も十分に行きわたらなくなります。

すると細胞も正常な働きができなくなり、色々な病気が起こると考えるのが漢方、東洋医学なんですね。

漢方では血液の流れが円滑になる様に、血液の成分を良くすることを行います。

西洋医学では痛みを取るためのブロック注射や鎮痛剤などを利用しますが、漢方の場合、この淤血の状態を改善する漢方薬を飲み、頚椎ヘルニアの症状を緩和、また改善していくのです。

根本的に西洋医学と東洋医学では考え方に大きな違いがあるという事ですね。